京都市中央卸売市場

鮮魚仲卸

株式会社かね政

京都市中央卸売市場より、新鮮な魚と新鮮な情報を鮮度にこだわりお届け致します。


ホタテ貝
12月の商品紹介です。
今月は・・・ホタテ貝です。



写真の左側が養殖のもの、右側が天然のもの。
天然ものの方が大きいです。
ホタテ貝は養殖の大成功例!!
養殖は放し飼いではなく、一個一個吊るして育てます。
そのため、養殖ものには下の写真のような「紐」がついています。
赤い丸の中のピンクの紐がそうです↓↓


ホタテ貝は二枚貝の代表です。
二枚貝の形のまま産まれて、二枚貝の形のまま大きくなります。
その証拠に、年輪が貝殻に刻まれているのが見られます。
でも、この二枚貝は対象な形ではありません。
片方は平らで、片方はふくれているんです。
そして、これがホタテ貝の名前の由来へとつながります・・・
ホタテ貝は漢字で書くとこう→ 「帆立貝
みなさん、ホタテ貝が開いた様子を想像してください。
帆を立てた舟に似てませんか??
二枚貝の平らな方を帆、ふくれている方を舟に見立てて・・・
これが、「帆立貝」と書く理由なんです。

産地は北海道や宮城県。
寒いトコロが多いですね。

海にいる時の敵はヒトデやタコ達。
危険を感じた時、ホタテ貝はばびゅーんと飛びます。
自分が動きたい方向と反対の方向に水を吐き出して、飛びます。
あっちにもこっちにも、自由自在に飛びます。

ホタテ貝の身は貝を開けてみないと分かりません。
もしかしたら入ってない・・・なんて事はないと思いますが(笑)
その中に、たまーにオレンジ色の身があります。
このオレンジ、なかなか貴重です。
味も普通のものに比べて、ちょっと濃いという噂・・・
よかったら、探してみてください。
こんな色です↓↓


ちなみに、この写真のホタテ・・・
キレイに貝殻から外されてるなぁと思いませんか??
これは「ホタテムキ身」という商品です。
写真のように、大きさが揃えられてパック詰めされたものです。
すでに貝殻から外されているので、手間が省けます☆

どんな料理でも、重宝されるホタテ貝。
12月はホタテ貝が頑張ります(`・Д・´)