京都市中央卸売市場

鮮魚仲卸

株式会社かね政

京都市中央卸売市場より、新鮮な魚と新鮮な情報を鮮度にこだわりお届け致します。


カマスと帆立貝柱の湯葉包み焼き ゆず風味
☆カマスと帆立貝柱の湯葉包み焼き ゆず風味☆

 材料(4人前)
 ・カマス 4匹
 ・帆立貝柱 8個
 ・ゆず 1個
 ・湯葉 8枚
 ・小松菜 1束
 ・銀杏 12個
 ・プチトマト 4個
 ・アサリ 12個
 ・バター 20g 
 ・白ワイン 50cc
 ・薄口醤油 
 ・塩
 ・コショウ
 ・オリーブ油


お待たせしました、カマスレシピ第1弾☆
とってもおしゃれで作るのが楽しい、家庭でできるフランス料理・・・風??(笑)


1.カマスは骨を抜き、皮を引いて、三枚おろしに。
両面に塩コショウをまぶしておきます。

2.帆立貝柱は氷水でさっと洗い、水気を切り、細切りにします。

3.ゆずの皮をほんの少しだけ削ぎます。
それをさらに細かく切って、帆立貝柱に混ぜます。
   
4.では巻いていきましょう。
湯葉を広げて、片身分のカマスを真ん中より少し前にのせます。
その上に、帆立貝柱とゆずを混ぜたものをのせます。
さらにその上に、残りのカマスをのせます。
この時、一番下のカマスと逆向きになるようにのせてください。
同じ方向に頭・しっぽが重なると巻いた時、形が悪くなってしまうので逆向きに。
両端の余った部分を中に折り込み、くるくるっと巻く・・・だけです。

5.巻いたものを、フライパンで中火で焼きます。
継ぎ目の部分から焼き、両面に焦げ目をつけます。
焦げ目がついたら、150度のオーブンで5分間加熱してください。

6.小松菜を塩茹でして、食べやすい大きさに切ります。
お皿の真ん中に横長に小松菜を盛り付け、その上に湯葉包み焼きをのせます。

7.最後にソース作り。
鍋でアサリを白ワインと同量の水で蒸しあげます。

8.アサリが開いたら、鍋から取り出し、出汁を沸騰させます。
取り出したアサリも、お皿に盛り付けちゃいましょう。

9.沸騰したら、バター、薄口醤油を少し入れ、さらにゆずを絞り入れます。
付け合せの半分に切ったプチトマト、銀杏も入れます。
温めたら、湯葉包み焼きとアサリの上にソースをかけて・・・


完成!!
美しい☆キレイ☆☆
ご家庭で、こんなおしゃれなおかずが出てきたら・・・
かなり喜んでもらえるのではないでしょうか??
手が込んでいるように見えますが、包んで焼いてるだけなのでとっても簡単です。
魚介がたっぷりの、ほっこりあたたかい一品です♪